薬剤師の私が作った冒険童話

| コメント(0) | トラックバック(0)
薬剤師の私は大人になっても童話が大好きです。
今はあと非常勤の学校薬剤師にも興味があります。
昔はよくお母さんに読み聞かせをしてもらっていたし、仲の良い叔母さんなんて自分が作った童話をよく聞かせてくれていました。
だから余計に童話が好きなんでしょうね。

薬剤師になってからもたまに図書館に行っては童話を読んでいるんですよ。
私も叔母さんを見習って一つ童話を書いてみました。
休みに何もすることがなくて暇だったんです(笑)

それはこんな話。

小さな女の子が川原でウサギを拾うの。
うちでウサギのお世話をすることになった女の子。
四苦八苦しながらお世話をしていると、なんとウサギが話しかけてきたのです!

ウサギと会話が出来るようになった女の子はウサギと一緒に冒険の旅に出ました。
大きな山を越え、イルカに乗って海を渡り、共に怪獣と戦い...
最後は宝箱を発見するの。
宝箱を開けた女の子とウサギ...

そこでハッと気付くと女の子はベッドの中にいたの。
全部夢だったと思って横を見ると、何も話さないウサギと宝箱に入っていたキラキラの石がありました...
というお話。

薬剤師の私は冒険のお話が一番好きなの。
ドキドキワクワクしますよね。
このお話を叔母さんに話したら「センスあるわよ!」なんて褒められてしまいました♪
調子に乗ってまた作っちゃおと思う薬剤師の私なのでした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.agri-tourism.info/mt-tb.cgi/109

コメントする

このブログ記事について

このページは、morimoriが2017年8月16日 11:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「薬剤師になって弱くなってしまった」です。

次のブログ記事は「81歳」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。